全校朝の集い

2015年11月の記事一覧

全校朝の集い 11月2日(月)

全校朝の集い11月2日(月)

全校朝の集いあいさつ

 10月には,みなさんで宮ろう祭を大成功させましたね。
 ステージ発表や展示発表,ふれあいの集いなど,どれも素晴らしかったです。改めて,校長先生からも拍手を送りたいと思います。また,当日おいでいただいた多くのお客様やご家庭の皆様から,「多くの感動をもらい,ありがとうございました。とてもよかった。」という感想がたくさん寄せられています。大変,うれしいことです。

 では,なぜ多くの皆様に感動していただけたのでしょうか?理由を考えてみましょう。校長先生は2つ答えを見つけました。

 一つ目は,宮ろう祭当日,みなさんは一生懸命頑張りました。しかし,それだけではなく,当日まで,何度も何度も練習を重ねたり,多くの時間を使って準備をしたりしていましたね。その努力してきた様子が分かるような演技や展示だったからだと思うのです。校長先生が,2学期の始業式でした「ステップこそが大事!」という話を思い出してください。宮ろう祭までの練習や準備は,このステップです。みなさんがステップを大事にしたからこそ,当日は,ジャンプでき,素晴らしいパフォーマンスがお客様の感動につながったのだと思います。先ほど,多くの賞状やメダルを授与しましたが,同じように,これもステップを大事にし,練習を重ねた結果ですね。大変,素晴らしいことです。

 二つ目は,みなさんの協力がパワーとなって伝わったからだと思うのです。一人一人の力には限りがあります。実行委員長の佐々木主磨さんや菊地元彌さんをはじめ,児童生徒会の役員のみなさんだけではなく,学部や全校の幼児児童生徒,そして先生方が力を合わせた時に,最高のパワーが生まれて,感動につながったのだと思います。

 さて,先ほど,代表の千葉隼人さんに任命状を交付しましたが,児童生徒会の役員のみなさんだけが,これから,頑張ればよいのでしょうか?そうではありませんね。ここにいる,小学部,中学部,高等部,専攻科の児童生徒のみなさん全員で,考えたり,活動したりすることが大切なのです。「児童生徒会の新しいテーマは何にしようか」,「運動会の応援はどんなふうにしようか」,「宮ろう祭のふれあいの集いでは何をしようか」など,知恵を出し合い,幼稚部の子どもたちと一緒に,明るく,楽しい学校生活が送れるようにしていきましょう。新役員はリーダーシップを発揮し,児童生徒全員で協力して,児童生徒会を盛り上げていってくれることを期待しています。

 これで,お話をおわります。