学校の概要

(1)教育目標

  1. 確かな日本語力を目指した言語指導の充実
  2. 基礎・基本の定着を目指した学習指導の充実
  3. 自己実現を支援する進路指導の充実 

【目指すこども像】

  • 「豊かに正しく表現する子(幼児・児童・生徒)」
    聴覚を最大限に活用できる力と、手話を含めた多様なコミュニケーション手段を相手や場に応じて使い分け活用できる言語力をはぐくみ、進んで自分を表現できる人間を育成する。
  • 「元気な体と大きな心を持つ子(幼児・児童・生徒)」
    障害に基づく種々の困難を改善・克服し、たくましく生きる健全な心身と公正な判断力を持った人間に育てる。
  • 「積極的に取り組みみんなと協調する子(幼児・児童・生徒)」
    障害を正しく認識し、自己の主体性を確立し、周囲に積極的に働きかけながら粘り強く環境を切り開くことができ、また、相手の立場を理解・尊重し、奉仕の精神を持ち、人と協調してよりよい社会の実現を目指し努力する人間を育成する。

 (2)経営の方針

  1. 教育的使命を堅持し、研究研修に努め聴覚障害教育の専門性の向上に努める。
  2. 聴覚障害その他の障害の状態や発達段階及び幼児児童生徒のニーズ応じた教育と教育の一貫性を図る。
  3. 保護者、関係諸機関、学校所在地及び幼児児童生徒の居住する地域社会との連携を図り開かれた学校づくりに努める。
  4. 宮城県全域においての聴覚障害及び特別支援教育のセンター的役割が果たせるよう努める。

 

(3)今年度の重点目標

1 学習指導

<コミュニケーション及び日本語>

①多様なコミュニケーション手段が活用できるよう教育環境を整備し,日本語力向上を図るための言語指導を推進する。

<学習指導>

②個別の支援計画及び個別の指導計画に基づき,基礎学力の定着・伸長を目指した確かな指導を,家庭との連携のもと進める。

2 生活指導・進路指導

<生活指導>

③外部専門家や地域とも連携しながら心と体の健康作りを推進する。

<進路指導>

④志教育の視点に立ち,児童生徒・保護者の就労意識を高め,キャリア教育を充実させる。

3 学校運営

⑤安全安心な学びが実現できるよう,職員一人一人の危機管理の意識を徹底すると共に,組織的な対応を進める。

⑥聴覚障害教育に係る専門性の向上と指導力向上を目指し,研修を充実させる。

⑦新学習指導要領への対応を見据えた教育計画の作成と実施及び将来構想の検討と策定にあたる。

⑧聴覚障害教育のセンター的役割を発揮しながら,児児童生徒及び保護者のニーズに応じた早期 支援・就学支援を充実させる