終業式

終業式

第一学期終業式 7月20日(月)

第一学期終業式7月20(月)

 みなさん、おはようございます。

 今日で、一学期が終わります。4月の始業式で、今年一年間、学級づくりで、みなさんに心がけてほしいことを、校長先生から3つ話しましたが、覚えていますか?

 高等部、専攻科のみなさん、一つ目の「思いやりのある言葉、優しい言葉を大切にしてほしい」ということについては、どうでしたか。

 中学部のみなさん、二つ目の「仲間のよさを見つけ、認め合える人になってほしい」ということについては、どうでしたか。

 小学部のみなさん、三つ目の「友だちのために役に立つ人になってほしい」ということについては、どうでしたか。

 校長先生は、毎日、みなさんが一生懸命に、授業や部活動、学校での様々な学習に取り組む中で、この3つのどれも、心がけているなあ。だから、どの学級もとてもよくなったなあと思っています。二学期も、ぜひ続けていって、さらによい学級にしていってほしいと思います。

 さて、4月の高等部・専攻科の入学式で「志あるところ道あり」という言葉について話しましたが、高等部・専攻科のみなさんは、実感できていますか。「自分の道は、自分の意志と行動で切り拓かれる」という意味で、逆に、やる気のない人には何一つ与えられないということです。少し難しい言い方ですが、人間は毎日「選択と行動」を繰り返しています。朝起きてから夜寝るまで時間をどう過ごすのかは「選択」の連続です。例えば、同じ50分間の授業や実習に取り組んでいても、人によってその成果が大きく異なるのは、「理解しよう、できるようになろう」という意志のある人と「心ここにあらず」で、ただボーっとしている人の差なのです。人間は、意志のある存在です。だからこそ、「なりたい自分になることができる」のです。しかし、やろうとする意志のない人は、あれこれ言い訳を並べ立て、結局何もしようとしないので、何も手に入らないのです。みなさんは、どちらを「選択」し、「行動」しますか。

 これから長い夏休みに入りますが、勉強面でも、体力面でも、みなさんが最も成長できる時期です。しかし、人によって大きな差が出ることもあります。意志のある人は、毎日こつこつ勉強を続け、その積み重ねが9月には大きな力や財産になって自分に戻ってきます。勉強をやり遂げた自信と満足感でいっぱいになるはずです。また、部活動に休まずに参加して熱心に練習に励んだ人は、きっと秋になって実力が上がったことに自分でも驚くことでしょう。このように、意志をもち行動すれば、必ず道は拓けていくのです。

 これから始まる長い夏休みに、自分の目標を見据えて、少しずつ,そして確実に、頭や体のトレーニングに励んでください。日々の努力は、決して皆さんを裏切ることはありません。「志あるところ道あり」なのです。

 最後に、校長先生が一番うれしいのは、みなさんが元気で、笑顔で生活していることです。夏休み中は、規則正しい生活をして、事故に気を付けて元気に過ごし、二学期の始業式でも、みなさんや先生方がそろって、元気な笑顔で会えることを楽しみにしています。

 これでお話しをおわります。  これでお話を終わります。

中学部・高等部 陸上部
東北聾学校体育大会卓球競技

平成28年度 3学期終業式 3月24日(金)

平成28年度3学期終業式3月24日(金)

 みなさん、おはようございます。

 今日は、三学期の終わりの日です。そして、四月から始まった一年間の学習の最後の日でもあります。

 さて、一学期の始業式で、校長先生からみなさんに、頑張ってほしいことを三つ話しましたが、覚えていますか。

 一つ目は「先生方や友だちとたくさん話すこと」です。

 二つ目は「いつも笑顔で生活すること」です。

 三つ目は「みんなと仲良く、協力すること」です。

 一つ目の「先生方や友だちとたくさん話すこと」は、みなさんが自分から進んで、先生方や友だち、そして学校に来たお客様や家族などと、しっかりと話ができたと思います。あいさつもとても立派にできますね。話すことでお互いの気持ちも伝わります。これからも、言葉でも手話でもたくさん話していきましょう。

 二つ目は「いつも笑顔で生活すること」でした。みなさんは、教室や寄宿舎、家庭でも笑顔で生活することが多かったと思います。笑顔でいることで「頑張ろう」というやる気が満ちてきて、苦しいときも笑顔のパワーで頑張ったと思います。

  三つ目は「みんなと仲良く、協力すること」でした。みなさんは、とてもやさしい心をもっていますね。自分を大事にするのと同じように、友だちや上級生、下級生とも仲良くし、協力し合って、楽しい学校生活が送れたと思います。児童生徒会の今年のテーマは「友~思いやりを持って支え合おう~」でしたね。児童生徒のみなさん一人一人が、友だちの気持ちや立場を考えて、相手のためになることをたくさんしていくとよいと思います。思いやりをもって学校生活を送ることで、より明るく、楽しい学校にしていきましょう。

 このように、みなさんは、これらの三つのことを忘れずに頑張り、一人一人が大きく成長できた一年間だったと思います。修業式の後で、それぞれ自分の教室で、担任の先生から修了証書をいただいてください。この修了証書は、みなさんが、「この一年間よくがんばって、それぞれの学年の学習や生活ができるようになった」ということを表しています。ですから、修了証書をいただいた人は、四月からは、一学年ずつ上の学年に進級することができるのです。大丈夫です。ここにいる全員が進級できます。おめでとうございます。

 また、修了証書は、ぜひ、ご家族の方々に見てもらってください。きっと喜んでいただけると思います。そして、みなさんを応援してくださったご家族に、「おかげさまで一年間を終えることができました。ありがとうございました。」と、お礼を言ってください。

 明日からは春休みです。春休みは新しい学年を迎える準備の期間でもあります。元気に事故なく過ごしてください。そして、これまでの学習の復習や読書、部活動、友達と遊んだり家庭の手伝いをしたりするなど、自分で目標を決め、毎日の計画を立てて過ごしてください。有意義で楽しい春休みになるように願っています。

 これでお話をおわります。

平成28年度 二学期終業式 12月22日(月)

平成28年度二学期終業式12月22日(月)

 みなさん,おはようございます。今日で二学期が終わります。みなさんにとっては,どのような二学期でしたか。

 校長先生は,小学部,中学部,高等部,専攻科のみなさんが,学習や部活動をがんばっていること,また,友達と仲良く協力し合って,充実した学校生活を送っていることを,大変うれしく思っています。目標に向かって,毎日の学習や部活動,いろいろな行事に取り組んで,どれも大きな成果をあげましたね。10月に行った「宮ろう祭」は大成功でした。また,先ほど紹介したように,スポーツの大会で入賞した人も多く,みなさん一人一人が大活躍した二学期でした。校長先生が,二学期の始業式で話した「心の金メダル」ということを思い出してください。みなさん一人一人の力,一人一人の良さが発揮されたときに,みなさんの心が輝きを放ち,それが「心の金メダル」となるのですね。二学期は,それぞれの胸で「心の金メダル」がしっかりと輝いた時が,一人一人に,確かにあったと思います。

 ここで,「心の金メダル」を輝かせている一人である,先ほど紹介した専攻科2年生のSTさんの話をしたいと思います。

 理容科のTさんは,資格取得の目標に向けて,毎日の授業や実習の中で,こつこつと努力を積み重ねてきました。高等部3年間,そして専攻科の1年間で身に付けた力を発揮して,見事,理容師国家試験に合格し,理容師免許状をいただくことができたのです。しかし,Tさんもはじめから全てが得意だったわけではありません。学科試験よりも実技試験の方が苦手だと聞いていました。理容の技術は着実に身に付いていましたが,緊張すると実力が出せなくなることが課題でした。Tさんは,自分の弱点を知り,繰り返し実習する中で,この課題に取り組みました。そして,少しずつ緊張していても実力を発揮することができるようになり,本番の実技試験では,この弱点を見事に克服し,合格を勝ち取ったのです。理容師の国家資格を取得できたことは,もちろん大変すばらしいのですが,これまでの匠さんの授業や実習に対する姿勢や努力に大いに感心しています。勉強でも,スポーツでも,一度でうまくできることは少ないのですが,一度ではできなくても,繰り返し,こつこつと取り組むことで,素晴らしい成果につながることがたくさんあるのです。みなさんも,先輩の姿をよい手本として,これからも,授業にしっかりと取り組んでいきましょう。

 もうすぐ新年を迎えるわけですが,三学期も,みなさんが自分の良いところをどんどん伸ばして,さらに心も体も,大きく,たくましく成長してくれることを願いながら,さらなる飛躍を期待しています。

 明日からは冬休みです。冬休み中も,毎日の生活リズムを崩すことなく,安全と健康に気をつけて,楽しい休みになるようしてください。また,年末・年始には,ぜひ,家族の一員として,それぞれの家庭で手伝いをしてください。そして,この一年間,みなさんを応援してくださったご家庭の方々や先生方をはじめ,お世話になった方々に「ありがとうございました」という感謝の気持ちをもって,新年を迎えてください。また,新年には,家族や地域の方々に,「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします!」と元気にあいさつができるといいですね。三学期の始業式で,元気なみなさんの笑顔が見られることを楽しみにしています。

 みなさん,どうぞ,よいお年をお迎えください。

    

    

平成28年度 一学期終業式 7月20日(水)

 みなさん、おはようございます。

 今日で、一学期が終わります。4月の始業式で、今年一年間、みなさんに頑張ってほしいことを、校長先生から3つお願いしましたが、覚えていますか?

 小学部のみなさん、一つ目の「先生方や友だち,家族とたくさん話すこと」ができましたか?

 中学部のみなさん、二つ目の「いつも笑顔で生活すること」ができましたか?

 高等部、専攻科のみなさん、三つ目の「思いやりをもって、みんなと協力すること」ができましたか?

 校長先生は、毎日、みなさんが一生懸命に、授業や部活動、学校での様々な学習に取り組んでいる様子を見て、この3つのどれも、頑張っているなあ、とてもよいなあと思っていました。これから始まる夏休みや、二学期も、ぜひ続けていってほしいと思います。

 特に、校長先生がうれしかったことは、先日の東北地区聾学校体育大会の陸上・特設競技、卓球競技で中学部、高等部、専攻科のみなさんが、とてもよく頑張ったことです。もちろん、先ほど紹介したように、成績もよかったのですが、それよりも、一人一人が自分に負けずに、精一杯、競技をしたことが、とてもうれしかったのです。みなさんは、それぞれ、プレッシャーや「もうだめだ,あきらめよう」と思う自分の弱い気持ちに打ち勝ち,自分を信じて,最後の一歩まで,最後の1ポイントまで,あきらめずに競技をしました。その姿に,校長先生や応援してくださった多くの人たちは大きな感動をもらいました。ありがとうございました。

 また、東聾体をはじめ、中総体や高校総体、障害者スポーツ大会などでの活躍や、美術展への出品や各種の検定への挑戦など、一人一人が精一杯取り組んだ一学期でした。みなさん、よく頑張りましたね。

 さて、いよいよ長い夏休みが始まります。この夏休みを楽しく、有意義に過ごすために、校長先生からみなさんに3つお願いをします。 

 一つ目は、「規則正しい生活をしましょう」ということです。朝、起きる時間をきちんと決めて、一日を無駄に過ごすことのないように、毎日のスケジュールを立てて、計画的に過ごしてください。また、家の手伝いも毎日進んでしてください。

 二つ目は、「事故に気を付けて元気に過ごしましょう」ということです。交通事故や水の事故、花火の事故などにあわないように注意しましょう。また、熱中症にならないように気をつけてください。

 三つ目は、「目標を決めてチャレンジしましょう」ということです。8月には仙台七夕祭りがありますが,短冊に願いごとを書いて、星に願いをかけているみなさんもいますね。夏休み中に、勉強や部活動をがんばろうと思っている人も多いと思います。星に願うほどに、毎日心に強く思うことは、大変よいのですが、「○○になったらいいなあ」と思っているだけでは、願いごとは実現しません。自分にできる努力を精一杯続けていくことで、目標に近づくことができ、実現できるのです。星に願うだけではなく、自分で目標をしっかりと決めて、実際に、チャレンジ(挑戦)して,みなさんの努力がよい結果につながるように、夏休みを過ごしてほしいと思います。

 最後に、校長先生が一番うれしいのは、みなさんが元気で、笑顔で生活していることです。二学期の始業式でも、みなさんや先生方がそろって元気な笑顔で会えることを楽しみにしています。

 これでお話しをおわります。

2学期終業式 12月22日(火)

2学期終業式12月22日(火)

2学期終業式あいさつ

 みなさん,おはようございます。今日で2学期が終わります。みなさんにとっては,

どのような2学期でしたか。

 校長先生は,小学部,中学部,高等部,専攻科のみなさん一人一人が,学習や部活動をがんばっていること,また,友達と仲良く協力し合って,充実した学校生活を送っていることを,大変うれしく思っています。目標に向かって,毎日の学習や部活動,いろいろな行事に取り組んで,どれも大きな成果をあげましたね。10月に開催した「宮ろう祭」は大成功でした。また,先ほど紹介したコンクールで受賞した人や,スポーツ大会で入賞した人だけでなく,みなさん一人一人が大活躍した2学期でした。

 さて,校長先生が,2学期の始業式や11月の全校朝の集いで話した「ステップこそが大事!」ということを思い出してください。これから,一番大事な毎日の授業の中で,こつこつと努力している専攻科2年生の青沼智宏さんの話をしたいと思います。

 産業工芸科の青沼さんは,授業の中で,このような作品を仕上げました。

 こころの耳でまなぶ

   わたしたちは,「こころの耳」を持っています。

   聞いているのは「ことば」です。

   わたしたちにとって「ことば」は活きる力です。

   だから,わたしたちはこれからも学び続けます。

 これは,デザイン技術の「広告デザイン」の授業で,創立101年目を迎えた本校のことをことばで表現することに取り組んだものだそうです。1時間の授業で考えて作ったものではなく,タイトルに2か月,本文にも1か月をかけて,少しずつ考えて,作っては見直し,手直しをすることを繰り返して,ようやく完成させたと聞きました。創立101年目の本校のことをしっかりと表現できているのはもちろんのこと,青沼さんの授業に対する姿勢や努力が大変素晴らしいと感心しました。勉強でも,スポーツでも,一度でできることは少ないのですが,一度ではできなくても,繰り返し,こつこつと取り組むことで,素晴らしい成果につながることがたくさんあるのです。みなさんも,先輩の姿をよい手本として,これからも,授業にしっかりと取り組んでいきましょう。もうすぐ新年を迎えるわけですが,3学期も,みなさんが自分の良いところをどんどん伸ばして,さらに心も体も,大きく,たくましく成長してくれることを願いながら,さらなる飛躍を期待しています。            

 明日からは冬休みです。冬休み中も,毎日の生活リズムを崩すことなく,安全と健康に気をつけて,楽しい休みになるようしてください。また,年末・年始には,ぜひ,家族の一員として,それぞれの家庭で手伝いをしてください。そして,この一年間,みなさんを応援してくださったご家庭の方々や先生方をはじめ,お世話になった方々に「ありがとうございました」という感謝の気持ちをもって,新年を迎えてください。新年には,家族や地域の方々に,「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします!」と元気にあいさつができるといいですね。3学期の始業式で,元気なみなさんの笑顔が見られることを楽しみにしています。

 みなさん,どうぞ,よいお年をお迎えください。

表彰12月

1学期終業式 7月17日(金)

1学期終業式7月

 みなさん、おはようございます。

 今日で、1学期が終わります。4月の始業式で、今年一年間、みなさんに頑張ってほしいことを、校長先生から三つお願いしましたが、覚えていますか?

 小学部のみなさん、一つ目の「先生方や友だちとたくさん話をすること」ができましたか?

 中学部のみなさん、二つ目の「いつも笑顔で生活すること」ができましたか?

 高等部、専攻科のみなさん、三つ目の「みんなと仲よく、協力すること」ができましたか?

 校長先生は、毎日、みなさんが一生懸命に、授業や部活動、学校での様々な学習に取り組んでいる様子を見て、この三つのどれも、頑張っているなあ、とてもよいなあと思っていました。これから始まる夏休み、二学期も、ぜひ続けていってほしいと思います。

 特に、校長先生がうれしいことは、みなさんのあいさつが、以前よりも、さらに立派になってきたことです。朝や昼間、そして帰るときに、校長先生に会ったときには、手話だけでなく声も一緒に出しながらあいさつしてしてくれたり、中には、必ず一度立ち止まって、礼をしながらきちんとあいさつをしてくれる児童・生徒のみなさんもいます。あいさつは、人とのつきあいの基本ですが、相手の心を和やかにもしてくれます。これからも、心のこもった、気持ちのよいあいさつを続けていきましょう。

 また、先ほど紹介した東聾卓球をはじめ、中総体や高校総体、障害者スポーツ大会などでの活躍や、美術展への出品や各種の検定への挑戦など、一人一人が精一杯取り組んだ1学期でした。よく頑張りましたね。

 さて、いよいよ長い夏休みが始まります。この夏休みを楽しく、有意義に過ごすために、校長先生からみなさんに三つお願いをします。 

 一つ目は、「規則正しい生活をしましょう」ということです。起きる時間をきちんと決めて、一日を無駄に過ごすことのないように、毎日のスケジュールを立てて計画的に過ごしてください。また、家の手伝いも毎日進んでしてくださいね。

 二つ目は、「事故に気を付けて元気に過ごしましょう」ということです。交通事故や水の事故,花火の事故などにあわないように注意しましょう。また、熱中症にも気をつけてください。

 三つ目は、「目標を決めてチャレンジしましょう」ということです。仙台地方では8月にも七夕祭りがあるので,短冊に願いごとを書いて、星に願いをかけているみなさんもいますね。夏休み中に,勉強や部活動をがんばろうと思っている人も多いと思います。星に願うほど、毎日心に強く思うことは、大変よいのですが、「○○になったらいいなあ」と思っているだけでは、願いは実現しません。自分にできる努力を精一杯続けることで、目標に近づくことができ、実現できるのです。しっかりと自分で目標を決めて、努力がよい結果につながるよう星に願いながら、チャレンジ、挑戦する夏休みにしてください。

 最後に、校長先生が一番うれしいのは、みなさんが元気で、笑顔で生活していることです。二学期の始業式には、みなさんや先生方がそろって元気な笑顔で会えることを楽しみにしています。

 これでお話しをおわります。