入学式

入学式

平成29年度 高等部専攻科入学式 4月11日(月)

  

 

 式   辞

 あたたかな春の日射しを受けて、校庭の桜が、皆さんの入学を祝うように咲き誇っています。まさに、春の到来に躍動を感じる季節です。新入生の皆さん、そして、ご家族の皆様、入学おめでとうございます。

 この佳き日に、ご来賓の皆様のご臨席を賜り、高等部・専攻科入学式を挙行できますことは誠にありがたく、厚くお礼申し上げます。

 先ほど、担任の先生の呼名に元気よく応じた、高等部11名、専攻科1名の皆さんは、宮城県立聴覚支援学校高等部・専攻科の生徒となりました。新入生の皆さんは、入学の日を心待ちにして、高等部に入ったら、こんなことをしてみたい、専攻科では、あんなことに挑戦したい、と夢を大きくふくらませていることでしょう。今日から新たな高等部・専攻科生活が始まりました。今日の喜び、抱負や決意など、初心を忘れることなくもち続け、三年後あるいは二年後には充実感や成就感をもって卒業、修了することを願っています。

 皆さんが入学した高等部や専攻科は、本校に設置された専門学科です。知識だけでなく、技術を伴う高い専門性を身に付けるための学科です。これから三年間あるいは二年間の中で、将来への夢や高い志を育み、その実現に向かって努力する皆さんを職員一同力を合わせて、支援していきたいと考えます。

 さて、入学にあたり、高等部・専攻科生活で皆さんに大切にしてほしいことがあります。それは、主体性です。高等部・専攻科では、生徒が中心になって様々な活動を進めていきます。その活動を進めていくときに必要なのが主体性です。また、活動を進めていくときに同様に求められるのが、主体的に学習する姿勢、主体的に運動する姿勢です。高等部・専攻科では、学習する教科や科目が増え、内容も専門的になります。学習する内容が増えることで不安もあるでしょう。しかし、自ら学習する姿勢、自分で考えて判断する主体性をもっていれば、その不安は期待に変わります。生活の主体性とともに、学習においても主体性が必要なのです。皆さんには、自ら進んで学習する姿勢、自ら進んで運動する姿勢をもってほしいと思います。主体性は、次の三つのことで身に付けることができると考えます。

 まず、一つ目は、「考える力をつけること」です。主体性をもって行動するために必要なことは考える力です。高等部・専攻科では、自分なりの考えをもち、他の人と伝え合い、さらに自分の考えを深める活動を大事にしています。自分の考えは、根拠に基づいていることが必要ですが、私たちの身のまわりで起きることは正解が一つではありません。勉強も同様です。疑問をもち、どうしたら答えを導き出すことができるか、自分の頭で考えることが大事なのです。情報や物事を何も考えずに鵜呑みにすることなく、自分の頭で、正しい方法で考えることを大切にしてください。そして、自分で考えたことを仲間と伝え合い、支え合い、学び合ってください。そのときに、考えがさらに高められ、深められていくと思います。

 二つ目は、「健康な身体をつくること」です。勉強をするにもスポーツをするにも、必要なのは集中力です。そして、長い時間、勉強を続けるために必要なのは、がまんできる力、すなわち忍耐力です。この集中力や忍耐力は健康な身体がなければつけられません。心と体の二つが健康であることが大事です。集中力や忍耐力をつけるには日々の積み重ねが必要で、一朝一夕にできることではありません。継続し、日々努力したことが最終的に、困難なことを乗り越えられる心と体をつくると考えます。

 三つ目は、「人をいたわる気持ちをもつこと」です。高等部・専攻科の時期に、身体の成長と共に育てていかなければならないのは心の成長です。皆さんが成長を遂げるときには、周りにいる仲間、先生方、ご家族、地域の方々など、様々な人の支えがあるのです。その関わりをもつ方々の気持ちを考えられる人になってほしいのです。そして、感謝する気持ち、人をいたわる気持ちを大切にしていってください。

 「志あるところ道あり」という言葉があります。意志があるところに道は開けていくということです。「志」という漢字の「心」の上にある横の線は、出発する線を示しています。その上はその出発する横線から一歩踏み出す「足」の形を表しています。このことから「心」の向かうところ、「こころざし」という意味になります。皆さんの進む道、望む道は、皆さんの「こころざし」、思う気持ち、意志からつくられることになります。ぜひ、意志をもち、これからの高等部・専攻科の生活を送っていってください。その時、皆さんの道は必ず開かれます。

 在校生の皆さんにもお話します。新1年生は夢と希望をもって本校に入学しました。今年度、聴覚支援学校は創立103年目となりますが、先輩方が築いてきた伝統を基にしながら、上級生として新入生を導き、また小学部や中学部の児童生徒の良き手本となって、新しい聴覚支援学校の歴史を、一つずつ、つくっていきましょう。

 ご家族の皆様、改めまして本日のご入学を心からお祝い申し上げます。先ほど入学した十二名のお子様は、本校で責任をもってお預かりします。本校は県内で唯一の聴覚支援学校です。社会で活躍する卒業生も多数輩出してきました。本校がこれまで培った英知を結集し、お子様の社会参加や自立に向けた教育の推進に、職員一丸となって取り組んで参ります。どうぞご家庭の皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げます。

 最後になりましたが、ご臨席を賜りましたご来賓の皆様には、今後とも次代を担う生徒たちのために、より一層のご理解と、それぞれのお立場からのご支援をいただければ幸いに存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 ご臨席の皆様のますますのご健勝とご発展をご祈念申しあげ、また、入学した十二名の新入生一人一人の大いなる成長を願い、式辞といたします。

平成29年4月11日

宮城県立聴覚支援学校長 鳩原 潤

  

平成29年度 小学部中学部入学式 4月11日(月)

  

 

 式   辞

  寒い冬の間、春にきれいな花をつけるために、つぼみを大きく膨らませてきたのと同じように、新しい学校や学部への準備をしてきた皆さん。今日から、いよいよ新しい学校生活がスタートします。校庭の桜もきれいに咲き誇り、皆さんをお祝いしてくれています。

 小学部5名、中学部6名の新入生の皆さん、そして、ご家族の皆様、入学おめでとうございます。今日から、新入生のみなさんは聴覚支援学校の小学部と中学部の新1年生です。校長先生は、皆さんが入学してくるのを心待ちにしていました。たくさんの先生方や上級生のお兄さん、お姉さんも同じ気持ちです。

 また、本日、小学部・中学部の入学式を行うに当たり、ご多用の中、ご臨席を賜りましたご来賓の皆様には、新入生の入学を祝福していただきますこと、深く感謝申し上げます。

 さて、新入生の皆さんは、これから小学部・中学部で、いろいろなことを学んでいきます。小学部では、教科書を使った勉強が始まります。国語や算数の勉強をがんばったり、言葉もたくさん覚えてください。中学部では、英語など各教科の学習や部活動も始まります。中総体や職場見学もあるので、一つ一つにしっかりと取り組んでください。また、運動会や宮ろう祭などの楽しい行事もあります。楽しみですね。早く新しい学校生活のリズムに慣れて、毎日元気に学校に来てください。

 今、呼名にこたえる皆さんの素晴らしい姿勢や、やる気に満ちた目を見ていると、「これからがんばろう」という意気込みが、校長先生にもよく伝わってきます。そのやる気を大事にして、これからの小学部、中学部での大きな成長に、ぜひ結びつけてほしいと思います。

 「千里の道も一歩から」ということわざがあります。「どんなに大きな仕事でも、身近なことから始め、少しずつ積み重ね、努力していくことが大切である」という教えです。今日、皆さんはスタート地点に立っています。今の皆さんのやる気を自分の行動につなげて、スタートしましょう。そのためには、まず、自分の夢やできるようになりたいという目標をもつことが必要です。その上で、夢の実現や目標の達成に向けて、一歩一歩、地道に努力を継続していくことが大切なのです。もちろん、今まで自分ががんばってきたこと、できるようになったことなど、自分のよい面を、さらに伸ばしていくことも大事です。また、これから新たに挑戦することを見つけて、全力でチャレンジし、取り組みを継続していくことも、大変よいと思います。明日からの皆さんの一人一人のがんばりを楽しみにしています。

 ご家族の皆様、改めましてお子様の入学を心よりお祝い申し上げます。本日から、聴覚支援学校の大切な児童生徒として、責任をもってお預かりいたします。皆様とともに、職員一同、力を合わせて、お子様の成長を支援しながら、教育に当たって参ります。今年度、創立103年目となる本校は、未来に向かって一歩ずつ進んでおりますが、より一層、教育の充実に努めて参りたいと思います。

 小学生・中学生の時期は、人としての基礎を作る大切な時期です。とりわけ、「豊かな心」と「たくましい体」をこの時期にしっかりと育むことが大切であると考えています。そのためにも、学校とご家庭がそれぞれの役割を果たし、ともに手を携えて参りたいと思います。学校へのご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

 最後になりますが、本日ご臨席のご来賓の皆様には、今後も本校の子どもたちのためにあたたかいご支援を賜りますようお願い申し上げ、また、本日入学しました11名の子どもたちが、健やかに成長することを願い、式辞といたします。

平成29年4月11日

宮城県立聴覚支援学校長 鳩原 潤

  

平成28年度 入学式 4月11日

  

 

式   辞

 あたたかな春の日射しを受けて、校庭の桜が咲き誇る季節となりました。

 本日、小学部・中学部に入学した13名の新一年生を迎え、平成二十八年度宮城県立聴覚支援学校小学部・中学部の入学式を行うに当たり、ご多用の中、ご臨席を賜りましたご来賓の皆様には、新入生の入学を祝福していただきますこと、深く感謝申し上げます。

 さて、小学部2名、中学部11名の新入生の皆さん、そして、ご家族の皆様、入学おめでとうございます。今日から、新入生の皆さんは聴覚支援学校の小学部と中学部の新一年生です。校長先生は、皆さんが入学してくるのをとても楽しみにしていました。たくさんの先生方や上級生のお兄さん、お姉さんも同じ気持ちです。

 新入生の皆さんは、これから小学部・中学部で、いろいろなことを学んでいきましょう。小学部では、教科書を使った勉強が始まります。国語や算数の勉強をがんばったり、言葉もたくさん覚えてください。中学部では、英語など各教科の学習や部活動も始まります。中総体や職場見学もあるので、一つ一つにしっかりと取り組んでください。また、運動会や宮ろう祭などの楽しい行事もあります。楽しみですね。早く新しい学校生活のリズムに慣れて、毎日元気に学校に来てください。

 新一年生になった皆さんに、この一年間、がんばってほしいことが三つあります。

 一つ目は、「先生方や友だち、家族とたくさん話すこと」です。話すことはとても大事です。たくさん話すことで、お互いに、相手の考えや気持ちが分かるようになり、もっと仲良くなれます。言葉でも手話でも、自分から進んで、たくさん話をしましょう。

 二つ目は、「いつも笑顔で生活すること」です。笑顔にはパワーがあります。教室や寄宿舎、家庭が笑顔であふれていると、「がんばろう」というやる気が満ちてきます。楽しいときは笑顔になりますが、苦しいときも、笑顔のパワーでがんばりましょう。

 三つ目は、「思いやりをもって、みんなと協力すること」です。みなさんは、とてもやさしい心をもっていますね。友だちや上級生、下級生の気持ちや立場を考えて、相手のためになることをたくさんしていくことが、協力につながります。みなさん一人一人が、思いやりをもって学校生活を送り、より明るく、楽しい学校にしていきましょう。明日からの皆さんのがんばりと笑顔を楽しみにしています。

 ご家族の皆様、改めてお子様の入学を心からお祝い申し上げます。本日から、聴覚支援学校の大切な児童生徒として、責任をもってお預かりいたします。皆様とともに、職員一同、力を合わせて、お子様の成長を支援しながら、教育に当たって参ります。今年度、本校は創立102年目となり、未来に向かって、新たな一歩を踏み出しております。より一層、教育の充実に努めて参りたいと思います。

 小学生・中学生の時期は、人としての基礎を作る大切な時期です。とりわけ、「豊かな心」と「たくましい体」をこの時期にしっかりと育むことが大切であると考えています。そのためにも、学校と家庭がそれぞれの役割を果たし、ともに手を携えて参りたいと思います。学校へのご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

 最後になりますが、本日ご臨席の皆様には、今後も本校の子どもたちのためにあたたかいご支援を賜りますようお願い申し上げ、また、本日入学しました13名の子どもたちが、健やかに成長することを願い、式辞といたします。


 平成28年4月11日

 宮城県立聴覚支援学校長 鳩原 潤