終業式

2016年7月の記事一覧

平成28年度 一学期終業式 7月20日(水)

 みなさん、おはようございます。

 今日で、一学期が終わります。4月の始業式で、今年一年間、みなさんに頑張ってほしいことを、校長先生から3つお願いしましたが、覚えていますか?

 小学部のみなさん、一つ目の「先生方や友だち,家族とたくさん話すこと」ができましたか?

 中学部のみなさん、二つ目の「いつも笑顔で生活すること」ができましたか?

 高等部、専攻科のみなさん、三つ目の「思いやりをもって、みんなと協力すること」ができましたか?

 校長先生は、毎日、みなさんが一生懸命に、授業や部活動、学校での様々な学習に取り組んでいる様子を見て、この3つのどれも、頑張っているなあ、とてもよいなあと思っていました。これから始まる夏休みや、二学期も、ぜひ続けていってほしいと思います。

 特に、校長先生がうれしかったことは、先日の東北地区聾学校体育大会の陸上・特設競技、卓球競技で中学部、高等部、専攻科のみなさんが、とてもよく頑張ったことです。もちろん、先ほど紹介したように、成績もよかったのですが、それよりも、一人一人が自分に負けずに、精一杯、競技をしたことが、とてもうれしかったのです。みなさんは、それぞれ、プレッシャーや「もうだめだ,あきらめよう」と思う自分の弱い気持ちに打ち勝ち,自分を信じて,最後の一歩まで,最後の1ポイントまで,あきらめずに競技をしました。その姿に,校長先生や応援してくださった多くの人たちは大きな感動をもらいました。ありがとうございました。

 また、東聾体をはじめ、中総体や高校総体、障害者スポーツ大会などでの活躍や、美術展への出品や各種の検定への挑戦など、一人一人が精一杯取り組んだ一学期でした。みなさん、よく頑張りましたね。

 さて、いよいよ長い夏休みが始まります。この夏休みを楽しく、有意義に過ごすために、校長先生からみなさんに3つお願いをします。 

 一つ目は、「規則正しい生活をしましょう」ということです。朝、起きる時間をきちんと決めて、一日を無駄に過ごすことのないように、毎日のスケジュールを立てて、計画的に過ごしてください。また、家の手伝いも毎日進んでしてください。

 二つ目は、「事故に気を付けて元気に過ごしましょう」ということです。交通事故や水の事故、花火の事故などにあわないように注意しましょう。また、熱中症にならないように気をつけてください。

 三つ目は、「目標を決めてチャレンジしましょう」ということです。8月には仙台七夕祭りがありますが,短冊に願いごとを書いて、星に願いをかけているみなさんもいますね。夏休み中に、勉強や部活動をがんばろうと思っている人も多いと思います。星に願うほどに、毎日心に強く思うことは、大変よいのですが、「○○になったらいいなあ」と思っているだけでは、願いごとは実現しません。自分にできる努力を精一杯続けていくことで、目標に近づくことができ、実現できるのです。星に願うだけではなく、自分で目標をしっかりと決めて、実際に、チャレンジ(挑戦)して,みなさんの努力がよい結果につながるように、夏休みを過ごしてほしいと思います。

 最後に、校長先生が一番うれしいのは、みなさんが元気で、笑顔で生活していることです。二学期の始業式でも、みなさんや先生方がそろって元気な笑顔で会えることを楽しみにしています。

 これでお話しをおわります。