終業式

2学期終業式 12月22日(火)

2学期終業式12月22日(火)

2学期終業式あいさつ

 みなさん,おはようございます。今日で2学期が終わります。みなさんにとっては,

どのような2学期でしたか。

 校長先生は,小学部,中学部,高等部,専攻科のみなさん一人一人が,学習や部活動をがんばっていること,また,友達と仲良く協力し合って,充実した学校生活を送っていることを,大変うれしく思っています。目標に向かって,毎日の学習や部活動,いろいろな行事に取り組んで,どれも大きな成果をあげましたね。10月に開催した「宮ろう祭」は大成功でした。また,先ほど紹介したコンクールで受賞した人や,スポーツ大会で入賞した人だけでなく,みなさん一人一人が大活躍した2学期でした。

 さて,校長先生が,2学期の始業式や11月の全校朝の集いで話した「ステップこそが大事!」ということを思い出してください。これから,一番大事な毎日の授業の中で,こつこつと努力している専攻科2年生の青沼智宏さんの話をしたいと思います。

 産業工芸科の青沼さんは,授業の中で,このような作品を仕上げました。

 こころの耳でまなぶ

   わたしたちは,「こころの耳」を持っています。

   聞いているのは「ことば」です。

   わたしたちにとって「ことば」は活きる力です。

   だから,わたしたちはこれからも学び続けます。

 これは,デザイン技術の「広告デザイン」の授業で,創立101年目を迎えた本校のことをことばで表現することに取り組んだものだそうです。1時間の授業で考えて作ったものではなく,タイトルに2か月,本文にも1か月をかけて,少しずつ考えて,作っては見直し,手直しをすることを繰り返して,ようやく完成させたと聞きました。創立101年目の本校のことをしっかりと表現できているのはもちろんのこと,青沼さんの授業に対する姿勢や努力が大変素晴らしいと感心しました。勉強でも,スポーツでも,一度でできることは少ないのですが,一度ではできなくても,繰り返し,こつこつと取り組むことで,素晴らしい成果につながることがたくさんあるのです。みなさんも,先輩の姿をよい手本として,これからも,授業にしっかりと取り組んでいきましょう。もうすぐ新年を迎えるわけですが,3学期も,みなさんが自分の良いところをどんどん伸ばして,さらに心も体も,大きく,たくましく成長してくれることを願いながら,さらなる飛躍を期待しています。            

 明日からは冬休みです。冬休み中も,毎日の生活リズムを崩すことなく,安全と健康に気をつけて,楽しい休みになるようしてください。また,年末・年始には,ぜひ,家族の一員として,それぞれの家庭で手伝いをしてください。そして,この一年間,みなさんを応援してくださったご家庭の方々や先生方をはじめ,お世話になった方々に「ありがとうございました」という感謝の気持ちをもって,新年を迎えてください。新年には,家族や地域の方々に,「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします!」と元気にあいさつができるといいですね。3学期の始業式で,元気なみなさんの笑顔が見られることを楽しみにしています。

 みなさん,どうぞ,よいお年をお迎えください。

表彰12月