始業式

三学期始業式

三学期始業式

 1月8日(火)

 

 みなさん,あけましておめでとうございます。

冬休み中は,雪の日もあり,たいへん寒かったですね。

部活動などで学校に来ていた人もいましたが,家族のみなさんと楽しく過ごすことができましたか。十二月の終業式ではみなさんに家族の方とのおしゃべり,対話をたくさん行い自分の気持ちや感情を伝える努力をしてください、と お話ししました。

家族のみなさんといろいろなお話ができたと思いますがこれからも,家族や周りの人たちに,素直な気持ちを伝えようとする努力を大切にしてください。

 さて,新しい年の初めにあたり,みなさんに考えてほしいことが一つあります。

新しい年を迎え,みなさんはきっと,自分の夢や目標に向かって,今年もがんばるぞという気持ちに満ちあふれていると思います。でも,自分の挑戦が,すぐによい結果に結びつかず,つらいときや苦しいときがあるかもしれません。

そのようなときに,自分で自分を応援する言葉を,みなさんにぜひたくさん考えてほしいのです。たとえば先生はつらいときや苦しいときにこんな言葉を心の中で唱えます。

「ダイジョウブ」「今が大切」「楽しくやるぞ(働くぞ)」

自分が明るくなる言葉,自分を褒める言葉,積極的になれる言葉 など自分を自分で応援するための言葉をたくさん考えて,心の中で唱えたり周りの人に伝えてください。「ハッピー」「やるしかない」「あきらめないぞ」「あせるな」「神様が見てるぞ」どんな言葉でもいいです。人が行うことは,不思議なことに話した言葉,考えたイメージのような結果となります。「もうだめだ」「この勉強はできない」と考えれば,残念な結果になります。言葉はそれを語った人に責任をとらせます。つらいときや苦しいときに,心が前向きになる言葉がんばろうと思える言葉をたくさん考えてその言葉を大切にしながら,今年一年間を過ごしてください。そして,今年も私たちの学校の良さである,笑顔と優しさを大切にしながら,みんなで楽しく元気に学校生活を過ごしていきましょう。これでお話を終わります。