全校朝の集い

2月 全校朝の集い2月4日(月曜日)

 

 みなさん,おはようございます。寒い日が続きますが,みなさんは元気ですか。

インフルエンザなどになる人が多い時期です。これからも、うがいや手洗いなどを行い,元気に学校生活を送りましょう。

さて、一月には「給食週間」があり,皆さんのリクエストメニューなど,おいしい給食をたくさん作っていただきました。

ここで問題です。みなさんの給食を作るために,働いている人は何人いるのでしょうか。少し考えてみてください。

 給食の献立を考えてくれる栄養士の先生が一人います。給食室で調理してくれる七人の人たちもいます。全部で八人。給食のために働いている人は,その人たちだけかな?

給食の材料を届けてくれるお店の人もたくさんいます。朝,早くから,お肉や魚,野菜,豆腐などのお店の車が,たくさん学校に来ています。また,野菜などを作ったり,魚などを捕ったりする人もいなければ,おいしい給食の材料は集まりません。そのように考えると、質問の答えは、たくさんの人ということになりますね。給食を例に話しましたが,皆さんの学校生活のために働く人,サポートしてくれる人は,実はたくさんいるのです。

 皆さんの見えないところで,皆さんは気づかないけど,皆さんのためにたくさんの人が働き,応援してくれているのです。

 二月を迎え,まとめの学習を行う時期になりました。卒業や進級に向けて,学校生活の思い出を整理する機会もあるかと思います。その時にはぜひ,自分たちの学校生活を支えてくれている「自分の応援団の人たち」のことも考えてみてください。そして,思い出を整理しながら,その人たちに感謝する気持ちを持ちましょう。「普通」「当たり前」に思っていることに感謝する気持ちを持ちましょう。素直に「今までありがとう」と話してみましょう。そうしたことができれば,よいまとめの学習になるかと思います。また,これから,来年度の児生会のテーマが発表されます。また、これから,来年度の児生会のテーマが発表されます。児生会の活動でも,一人一人が,お互いのために,みんなが見ていないところでも,これからも,たくさん活動してほしいと思います。これでお話をおわります。